ディズニーや飲食店で客のマナーが悪い!その詳細とは


飲食店で客のマナー低下!あなたは大丈夫?

私は長年飲食店で働いてきました。
食べに来る年齢層もバラバラで、小学生同士でご飯を食べにくる稀なケースや、一般的な友人、恋人同士、家族連れのお客様もいます。

沢山のお客様を見てきましたが、やはり印象の良くないお客様は記憶に残ります。

特に現代の日本では、お客様の立場が非常に強い事がその背景にあるので仕方のない事もかもしれません。

まず困るのが子供を注意しない親達です。店内を走り回ったり、お店を意味もなく出入りしたりと自由奔放です。

普通は親が注意すべき所ですが友人との話に夢中になっていたり、気が付いても、いつも子供の面倒をみているせいか骨休みに何も言わない人が多くいます。

幸いな事に私が働いていた時は大きな事故などはありませんでしたが、食事をする場所で走り回る子供を見るのは気分の良いものではありませんでした。

そして、下手に注意すれば大きな問題になる可能性があるのでお店の定員からは強く注意出来ないのです。

次に困ったのがお客様の料理への我儘でした。飲食店はメニューの内容が決まっています。
しかし、アレルギーの方なら仕方ありませんが、自分の好き嫌いで具材の変更を当たり前のように注文するのです。

例えば刺身料理なら
「マグロが嫌いだから他の具材と交換してほしい」
「生物は嫌いだから火を通してほしい」
「手が汚れるからエビなどの殻がついてるものは殻を取ってから料理を持って来て」

などです。

まさに自宅や専属シェフと勘違いしているとしか思えない発言です。

メニューの食材は決まっているので肉であれ、魚であれ変更しない、といのがマナーではないでしょうか。食べたいメニューに嫌いな具材が入っていて、食べなくても値段は同じ。
ならば食べたい具材を増やしてもらおう、という事のようです。

更に悪い事に一度相手の言う事をきいてしまうと次回に断る事が非常に難しくなってしまうのです。お店側は善意でした事でも、次回断ると前回は出来たのに何故今回は出来ないのか!?とクレームになってしまうからです。

ですから、安易にお客様の要望を聞く事が出来ない悪循環が、出来上がってしまっていました。働いていた側としてはとても悲しい話です。

あなたのレジマナーは大丈夫?


電子マネーの普及により小銭要らずという方も多いと思います。私も支払う時は電子マネーが多くポイントも付くのでよく使っています。

しかし、会計をしていて電子マネーで不便なのが残高不足の時です。私も働いている時に、会計で残高不足になり、余計に手間がかかってしまった事が何度もあります。

私の働いていたお店は、レジでのチャージが出来ないので、残高不足になった場合、レジ会計を中断してそのままチャージをしに行くお客様を何人も見てきました。

基本的にポイントは200円で1ポイントが多く、飲食店での会計は一人1000円前後でした。この計算でいくと、付くポイントは5ポイントになり5円の価値になります。

1円を馬鹿にしてはいけないとは言いますが、5円の為にお店の定員を待たせるのはどうかと思います。
働いている立場からすると、2倍の10円を支払うから、戻ってきて現金で払ってほしい、という気分でした。

また、クレジットカードの裏に、名前が無い方もかなり多く居ました。
名前が無い方に「名前を書いて下さい」とお願いすると「今までそんな事言われた事ない」という方が非常に多かったです。

一番印象的だったのが、クレジットカードに名前が書いておらず、本人確認の為に「名前を書いてほしい」と言うと逆上してきたお客様でした。

お客様の言い分は、自分の財布からクレジットカードを出したから、このカードは私の物だ!という事でした。

冷静に考えれば分かると思いますが、鞄からカードを出しても、それが本人の物である証拠は何もありません。分かりやすく言うと、拾った財布のクレジットカードと見分けがつかないのです。

このようにレジでの会計、特にクレジットカードでの会計は、クレームになりやすいので私が働いているお店では、サインの確認を辞めました。

お店側がクレームになる事を回避したのです。
先程のように、名前を書く事を言われた事が無い、という人も居るように、多くのお店でカードに名前を書かずに使えてしまうのが現状です。

もし、あなたが同じ注意をされたら、怒らずにお店の人はちゃんと仕事をしている、と思って下さい。

注意されないという事は、楽に会計が済んで便利かもしれませんが、あなた以外の人でも簡単にクレジットカードを使えるという事でもあるのです。

時代の流れかもしれませんが、お客様のマナーはかなり低下しています。記事に書かれている内容に身に覚えのある方は注意してみてください。