ご当地や京都で人気のダブルカレーうどんとは? 気になる家族の反応


おすすめグルメ情報 猫ロックさん

うどん生地にもカレー粉を練りこんだら、さらに美味しくなりそう!

カレー粉を練り込んで麺を作る

とあるうどん屋さんで長年勤務をしております。

うちのお店でもカレーうどんというメニューは置いています。
うどんに出汁の入ったカレーをぶっかけて出す普通の美味しいカレーうどんです。

その頃から密かに作りたかったものを作りました。
ダブルカレーうどんです。
うどん生地にカレー粉などを練り込んだ、カレーうどんです。

うどんの色を鮮やかに

そう言えば、うどん屋さんでは、ワカメの粉末を練り込んだワカメうどんや紅いもの粉末を練り込んだ紅いもうどんを作っていました。

ワカメうどんはあざやかな緑色で紅いもうどんは淡い赤色をしていまして、それぞれの単品もあり、全て1/3ずつ入った3色うどんも提供しておりました。白、赤、緑の綺麗なコントラストは気品があり、人気もありました。
1度にたくさんは作れませんので数量限定でした。

今回作ってみたカレーうどんもアイデアとしては悪くないと思います。
ただ、カレーうどん自体はたくさん出るメニューではありませんので、このダブルカレーうどんも期待は薄いです。

手間暇かけてもの珍しさに最初だけというパターンかもしれません。
白いうどんに遊び心で色をつけてみたい、何かしら赤色にして紅白うどんにしてみるかな、それとも竹墨かイカスミを混ぜて黒いうどんを作って見るかな、唐辛子を練り込んだ赤の粒々うどんなんてのもあります。

今までに無い創作うどんを求めて

今回のカレーうどんをきっかけに手間をかけてでもおもしろいうどんが出来たならと思います。
もしも自分のお店ならば閉店後に夜な夜な創作うどんを作っているかもしれません。

だって楽しそうですしね。

このカレーうどんを食べる前の家族の反応は
わぁー面白い!
でしたが、食べた後の家族の反応は
うん
だけでした。

予想以上に無味だったことに私に気を使ってか言葉を選んでいたようでした。
私はワカメうどんと紅いもうどんから着色が目的で味は変わらずといった予想はたてていましたので、味はなくてもやっぱりなという感じはしておりました。

また今度気が向いたら、何かを練り込んだり、出汁を変えてみたり、タレを作ってみたりといいアイデアが生まれれば一度作ってみようかなと思います。

今回はささやかな小さな夢、完成ということで、その点では成功と言えます。
早い、安い、うまいの超庶民的な食べ物として万人受けしているうどんは、少しずつ変化をしているんだなとも思えます。

季節や行事に向けて縁起物として創作うどんを作ってみるのもなかなか乙なものですね。
毎日作っていて飽きないです。